「お惣菜のふるや」おばあちゃんのコロッケ

 9月もなんやかんやで結構忙しくて、9月11日の箱根練以来の自転車。この週末はキャンセルを食らってしまい、ついてないことをいいことに、天気もよく自転車日和。いつもの西湖コースですが、帰りは河口湖の大石公園のそばのパン屋さんによることにした。以前より気なっていたパン屋。なんでも天然酵母を使っているとのこと。

「お惣菜のふるや」のコロッケ

「お惣菜のふるや」おばあちゃんのコロッケ うまかったあ!

 帰りはこのパン屋から富士吉田に向かう途中、揚げ物のいい匂いがしてくる。ちょっとのぞいてみると、メニューはコロッケ、ハムカツ、アジフライ、あともう一つ、忘れた。お品書きはこの4つだけの「お惣菜のふるや」というお店。やってるか、やってないかわからないような店だけど、けっこうお客さんが買いに来ている。コロッケ一つ注文したら新聞紙にくるんで渡された。小学校の時を思い出す。ガキのころ遊びまくって夕方になり、肉屋にとびこみハムカツやコロッケをよく食べたなあ。

「お惣菜のふるや」のコロッケ

壁には河口湖東?中学校の生徒からの感謝状があった。

 「お惣菜のふるや」まあ、古い店です。なんでも40年まえからふるやのおばあちゃんがやっているそうです。なんかとても暖かい店で、おばあさんは一生懸命揚げてくれるし、息子さんかなあ(といっても50代半ばか?)、とっても愛想いいし、コロッケの味は山崎精肉店メンチカツと双璧で。一つ食べた後、もう一つ食べてしまった。

自転車には乗れるし、なかなかいい店を見つけたし、有意義な一日でした!