紅葉

091027_01.jpg伊豆沖をかすめていった台風のおかげで、今朝は日本晴れになりました。富士山の山頂にも、ずいぶん雪が積もりました。あまりに天気がいいので、急遽、山梨の某所に紅葉を見に行くことにした。
絶好の天気と紅葉の時期に恵まれて、まあホント、すばらしい紅葉でした。
091027_02.jpg
091027_03.jpg
091027_04.jpg
091027_05.jpg
091027_06.jpg
091027_07.jpg
091027_08.jpg

富士チャレンジ200km

091024.jpg今シーズン、最後、といっても5月に富士ヒルクライムとこの富士チャレだけですが、すべて終了。終わってみたら、ちょっと不本意な成績で終了。走りながら、「今年は完走できないかも」とかなり弱気になったけれど、終わってみれば6時間36分で去年より4分オーバー。「練習はうそをつかない」、やはり今年は走り込み不足がひびきました。

秋本番

091012.jpgモンテラックの今年のイベントは終了し、いよいよ10月24日の富士チャレンジ200kmに向けて、走り込み再開です。9月がシルバーウィークという特需もあり、なかなか思うように練習できず、かなり焦っている状態なんです。
天気も上々で、いつもの西湖コースを走りに行く。途中、ススキと富士山の秋本番セットがきれいでした。

ツール・ド・モンテラック

モンテラックジャージ.jpgモンテラックジャージ.jpg1年越しの、モンテラック・ジャージ完成を記念して、自転車仲間がツール・ド・モンテラックということで、大宴会となりました。
相変わらず、楽しい仲間でおおいに盛り上がり、ひさしぶりに飲み過ぎシールとなりました。
翌日は富士山の初冠雪もきれいに見えて、最高のサイクリング日和となり、箱根越え、柳沢峠越え、道志みちと三々五々帰っていきました。

モンテラック・ジャージ

モンテラックジャージ.jpg10月24日はいよいよ、富士チャレンジ200kmがある。なかなか練習も思うに任せず、不足気味。とはいうものの、モンテラック・ジャージは着心地もよく、トリコロールカラーも気に入っているので、最近の練習は、いつもこれを着て走っている。女房殿は本日もどこか、出かけたかったようですが、こちらも練習の都合があるので、夕方ちょっとでかけることに。距離を走らねばならないので、いつものモンテラック〜北麓経由河口湖〜西湖〜忍野、にプラス山中湖2周の予定が、1周で脚まわらず。80kmほどでこの調子では、富士チャレはかなりやばい。やばいなあ!

大弛峠

091003.jpgシルバーウィークの反動か、この週末はお客様ゼロ。ということで、ちょっと遠出することに。7〜8年前に行った、大弛峠〜国師ヶ岳に行くことに。以前、行ったときにはなかったというか、今考えれば工事中だった、ダムができていて道路はすばらしい舗装ににかわっていた。
大弛峠は車道の最高地点(2360m)だそうです。天気はちょっと雲が多かったですが、気温は高く歩けば半袖でOK。夢の庭園から国師ヶ岳まで行きたかったのですが、女房殿は前国師でダウン。残念でした。
大弛峠を長野県側に下ると、川上村にでる。ちょっと、歩いてみると金峰山?に連なる山並みが、水墨画の世界になっていました。

H・Dソローの家

091001.jpgシルバーウィークも無事おわり、かなり一段落。シルバーウィーク中は天気にも恵まれて、ちょっと忙しくて少々お疲れ気味で気分的にだらけている。天気もこのところ秋雨が続き、さらに気分は消沈気味。
久しぶりに天気となり、以前から興味のあった「ウォールデン池のH・Dソローの家」をモディファイした小屋を見に行く。なかなか、すばらしい小屋でぼくの感性にピッタリなんだなあ、これが。余計な物はいっさいなく、ほんとに小屋。日本の茶室のアメリカ版といったところか。