毎年恒例の大根なます

081230.jpg 年末恒例の大根なます作り。おせちの一品(逸品)です。白ごまを40分くらい擂ると油が出てきてねっちりしてきます。これに米酢と砂糖を混ぜて大根とにんじんの千切りを入れます。自分で言うのもなんですが、これがうまいんです。この大根なますをあてに、熱燗をちびりちびりやるのが、いいんですね。

いろいろリギングの道具が増えてきました

081226_01.jpg リギングの道具がいろいろそろってきました。今日あらたにペツルのツリースビーとカラビナ4個が追加。

081226_02.jpg ナラの木の枝が横に伸びて、コテージの破風がご覧のとおりかなりキズがついてしまっているのを発見。強風が吹くと枝がゆれてこんなことになっちゃうんです。

081226_03.jpg ナラの木に幹が斜め45度にのびている、この幹を切る予定。作業途中でいきなり強風が吹いてきて、この幹がかなり揺れて、ビビッたぁ!しばらく待ったものの風がおさまらなかったので、本日の作業は中止となりました。ああ、怖かったぁ(>_<)

リギング剪定、反省材料てんこ盛り

081223_01.jpg この10日間、リギング・キットを使って集中的にリギング剪定の実習に没頭している。敷地のなかで20年間のび放題になっているナラの木と折り合いをつけ、剪定させてもらっている。樹木というのは意外に早いペースで伸びていくのには、ほんとにびっくり。枝は光を求めて、横から下からガンガン成長してしまうのでうまくない。人間と樹木と良い関係でいたいので「折り合い」をつけさせてもらっている。むやみにガンガン切っているわけではない。今日の作業はいろいろ反省材料がてんこ盛りで中身の濃い一日でした。

リギング・キット

081214.jpg 朝、起きると雪。今年の初雪です。ちょっと、例年より早いかな?気温はプラス2度で、ちょうど雪の降りやすい気温。日中も気温はほとんど上がらず3度どまり、寒い一日でした。

 おととい、待ちに待った"False Crotch Rigging Kit"=ファルス・クロッチ・リギング・キットが到着。予想以上にゴツイので少々、ビックリ。なんでもアメリカの道具はでかくて重い=これだったら安心。このキットは立木の枝をカットする際に安全にコントロールしながら切り下ろすロープとハードウェアです。いよいよ、本格的に木樵のシーズンがやってきました。

リギング剪定実習第二弾

081208_01.jpg 久しぶりのブログ更新となってしまいました。その間に季節はいっきに「冬」となり昨日、日曜日の朝はマイナス10度くらいまで冷え込み冬が本格化です。さらに寒くなる前に家周りの作業をやりたいので、自転車はちょっとお預け状態です。

081208_02.jpg 以前から頼まれていた高木の剪定作業の第二弾をやることに。樹高10m弱で実習としては手頃な高さと枝。リギング剪定作業に入る前に作戦を練るのがパズル合わせに似ていて、けっこうこれがおもしろいんです。結果はほぼ作戦どおりうまいこといきました。木のうえからの富士山が日に映えてきれいでした。