Cafe M

071107_cafeM.jpg きょうもいい天気。秋らしい天気が続きます。この天気のなか走らない手はないということで、本日は新規ルート開拓。この前走った河口湖〜西湖コースがなかなかよかったので、帰路に国道139号・138号を避けたルートをためしました。これがなかなかよくてこれから練習ルートの定番になります。
 途中、懸案だった西湖北岸の「Cafe M」にてランチ。なかなかおしゃれなお店で、パンダーニ・ジャージではいっていったらジロジロ見られた。なんかおかしかったのかなあ?
 まあ、あまり気にせず早々にランチを食い終えて西湖を1周して帰路につく。今回もつくずく感じましたが、西湖という湖はとても落ち着いていて、いい湖です。この西湖ルートはお気に入りになりました。

富士チャレンジ200

challenge200.jpg きのう「富士チャレンジ200」に行ってきました。台風一過の快晴(ちょっと暑かった)のなか7時間なんとか走りきりました。中盤、調子に乗って上りでダンシングしたら足がつりまじめて、それからソローリソローリ走法に変えてなんとか走り続けることができました。結果は39周、175km(目標は160km)で充分満足して、走り終えたときはおもわずちょっとガッツポーズそして爽快感いっぱいでした。
 足がつり始めたときは、なんどもリタイアを考えましたがチームBeachのメンバーが声をかけてくれたおかげで完走できました。仲間の応援のありがたみがこの歳になってわかりました。
 来年はなんとか7時間200kmをクリアーしたいものです(^o^)

のんびりサイクリング

071023_1406~0001.jpg きょうはほんとに気持ちのいい一日でした。暑くなく、寒くなく限りなく気持ちいい空気。こんな時があるんですね。ということで今日は完全Offと勝手に自分で決めてサイクリングに出発。メンバーは山スキー仲間と。いつもの中の茶屋から河口湖・勝山道の駅へ。ここで引き返す予定が西湖まで足を伸ばすことに。途中、"Cafe M"のまえを通過。平日の2時過ぎにもかかわらずずいぶんお客さんがはいってましたね。ココまで来るんだったらここでランチにすればよかったなあ。
 このあと国道139号に戻り帰路につく。吉田の浅間神社まえから新屋まではあいかわらず道路幅が狭く、交通量多くいやな道だ。
 ノンビリ65kmほど走り、とても気持ちのいいサイクリングでした。画像は西湖北側からの富士山です。

富士山に雪

071020_1424~0001.jpg 昨日の雨から今日は一転、快晴。富士山の8合目付近から雪が積もりました。ようやく秋らしくなったなあという印象です。10月ぐずついた天気が続いたり、野暮用ができたりで、なかなか自転車に乗ることができませんでしたが、この天気では居ても立ってもいられず、とびだしました。樹海台駐車場からの富士山。
071020_1424~0002.jpg
 気温も高く、スバルラインを走ることに。調子に乗って4合目手前まで登ってしまい、下りで指がかじかんでしまいました。ここは3合目手前の樹海台駐車場からの西湖・河口湖。
071020_1454~0001.jpg
 ここの景色はなかなかでした。遠くに見えるのはおそらく南アルプス、手前は本栖湖の南の竜ヶ岳あたりになるのでしょうか。このポイントは車で行くと駐停車が厳しいところで、自転車ならではですね(^_^)
 今朝は結構忙しくて外人のお客さんをバス停まで送ったり、15人前の朝食を出したりで朝からきちんとご飯を食べていなかったせいか急に足がつりそうになるし、回らなくなるしで、山中湖のセブンに飛び込み、栗入りどら焼きをむさぼりなんとか家に戻れました。これがハンガーノックていうんでしょうかね?ちょっと、やばかったなあ!

梓湖 東京電力 奈川渡ダム

071009_azusako.jpg 天気のよくない乗鞍高原をそうそうに引き上げて、帰路に。途中以前から気になっていた梓湖の東京電力 奈川渡ダムに寄ってきました。たまたま運良く13時からの見学に参加することが出来て、はじめてダムの内部を見てきました。ダムそして発電の中身はいたって単純でしたが、そのスケールの大きさはなかなか見応えがありました。受付を済ませた後、係の人の案内がはじまりエレベーターで一気に130m下ってダムの底に。下から見上げるダムというのはなかなかの迫力ですよー!発電機の内部も見せてくれたりで、なかなか興味深い体験でした。梓湖を通過するとき、時間があればぜひお立ち寄り下さい。お勧めです。
 これは余談になりますが、この東電・奈川渡ダムのビル5階のトイレです。ここに東電の「職人技」を感じました。このロータンク下の配管から結露してポタリ
ポタリと水滴が落ちないように、銅板とハンダを使って細工がしてありました。発電所のドデカイ機械を支えるのも、こういった職人芸が必要なんですねえ

071009_hatudenki.jpg
071019_toilet.jpg

乗鞍高原 三本滝

071006_sanbondaki.jpg ちょっと間が空いてしまいましたが、乗鞍高原の続きです。一般車両が行ける一番上の「三本滝」。三本の滝があるということで畳平から下山してきて、ここでバス停「三本滝」で下車。あるいて20分ほどのところある三本滝まで行ってきました。スケールこそナイアガラ・フォールズには負けていますが、滝の雰囲気はこちらのほうが数段上ですね。この乗鞍高原は滝やら小川やら、あちらこちらで水が流れていて、なかなかいいところです。今回、天気には恵まれませんでしたが「なかなか、いいところだなあ」という印象でした。冬はゲレンデスキー・山スキーもできるし、夏は自転車も乗れるし、楽しみなエリアを見つけました。

乗鞍高原 その2

071009_norikura04.jpg 畳平から早々に下山バスに乗り込んだ。タクシーの女性ドライバーは珍しくないですが、大型バスの女性ドライバーははじめてで、それもこの乗鞍エコーラインの狭い道の急カーブを運転するわけなんですが、なかなか見事なハンドルさばきでした。ぼくもいちど大型バスを運転してみたいなあ。大型2種はもっていませんが大型免許はもってます。
 ちょっときれいな紅葉を撮影したつもりが、バックミラーにうちの奥さんがたまたま写ってしまいました(^_^)

乗鞍高原

071009_norikura.jpg 10月体育の日の3連休もおわり、ちょっと骨休めに乗鞍高原に行ってきました。紅葉目当てでしたが、こちらもご多分にもれず、紅葉はかなり遅れていて今ひとつでした。畳平もご覧の通りガスっいて、横なぐりの雨と強風。
 この「魔王岳」は駐車場から階段がついいていて5分くらいのところですが、さすがに山頂はかなりの強風ですごい気持ちが良かったぁ!
 この強風が山の醍醐味、たまらんのですねえ!気持ちいいですねえ! 自転車もいいし、山もいいし、自然はいいねぇ!

富士山一周その2=富士山スカイライン

071006_skyline01.jpg 上井出のファミマで小休止してから30分ほど走り、いよいよこのコースのハイライト「富士山スカイライン」ヒルクライムの始まり始まりです。この上り口から水が塚公園まで約14km、平均勾配6.7% けっこうきつかったぁ! まだまだ、練習が足りませんね(^_^;)
青木ヶ原樹海と本栖湖。ほんとにすばらしい青空でした!
青木ヶ原樹海と本栖湖

富士山一周

071006.jpg なかなか走れなかった、富士山一周をやってきました。ご覧のようなすばらしい秋晴れのサイクリング。朝霧高原でのスナップです。
 前半は下りでとくに青木ヶ原樹海を抜けてから朝霧高原にかけて、約10kmのダウンヒル。自己最高の67.3km/hがでてしまうほどの路面状態がよかったです。
 上井出のファミマで小休憩して水ヶ塚公園まで14kmのヒルクライム。ここは正直、きつかったァ!水ヶ塚公園の食堂で暖かいそばで大休憩。ここは標高1450m位で曇天になり寒さが身にしみてきました。その後滝ヶ原自衛隊駐屯地までのダウンヒル。このダウンヒルは路面状態があまりよくないのでスピードを抑え気味に下る。
 そして国道138号にでて最後のヒルクライムの籠坂峠。ここは道幅も広く傾斜も緩いので楽勝でクリア。峠の頂上で「ヤッタァ」とちょっとガッツポーズ!
 アクシデントもなく無事「富士山一周」を楽しむことができました。ダウンヒルあり、ヒルクライムあり、景色もすばらしいお奨めのサイクリングコースです。
 ちなみに距離は103km、実走時間4時間43分。